Category Archives: ウシの診療記録と飼育方法

おっぱい大作戦 ウシ編

今回はヤギさんのお話ではなくウシさんのお話です。

先日、いつも診療で伺う農家さんから
「3か月の子牛が哺乳瓶からどうしてもミルクを飲んでくれなくて困っている」という相談を受けました。
お話をさらに伺ってみると、
・わけあって母牛をセリで3日前に手放した
・3日前までは、生まれた時からずっと母牛からおっぱいを飲んでいた
・まだ配合飼料で栄養が取れる量を食べれるようになっていない為、人工哺乳が必要
・3日前から毎朝と夕、それぞれ根気強く1時間くらい哺乳瓶に慣れさせるようにがんばったけど、
子牛さんはもう乳首もミルクも嫌がるようになってしまった
というお話でした。

とてもまじめな農家さんなので、相当な努力をされたことを感じました。
何とか良い方法がないかと、調べたところ、

「獣医師に直接聞きたい!繁殖管理のベストプラクティス」
という記事の中に人工の乳首を嫌がる子牛に哺乳させる方法として、「目隠しをする」
という方法が見つかりました。
https://farmnote.jp/contents/bestpractice7.html

この記事を参考に、4つの作戦を考えてみました。
さっそく農場へ行き農家さんと一緒にやってみることになりました。

いざ「おっぱい大作戦」決行!!

1.目隠し作戦
前述記事を参考に目隠しをしてみたらどうか。

やり方
・黒いマスクに最近吸っている未経産牛のにおいをこすりつける
・子牛をつなぐ
・マスクをかぶせて哺乳する

結果
目隠ししないより子牛が落ち着いている様子。
しかし、残念ながらこれだけでは飲んでくれませんでした。

2.乳首を変えてみる作戦

哺乳瓶の乳首は実際のお母さんの乳首より堅そう
→乳首をよりお母さんの乳首の感触に近づけたらどうか

やり方
・ドレッシングボトルに手袋をかぶせて柔らかい乳首を作る
・子牛に飲ませてみる

結果
お口には市販の哺乳瓶の乳首より入れやすいものの吸ってくれませんでした

3.ドレッシングボトルとホース作戦

やり方
・乳首がどうしてもだめならドレッシングボトルで口から飲ませる

 

結果
時間はかかりますが、少しづつ飲めました。

4.胃チューブでミルクを飲ませる作戦(緊急 最大1週間くらいまで)
チューブを入れられれば、簡単にミルクを胃に入れることはできますが、
チューブを頻回に入れることにより、食道が傷ついてしまうことや、
正常の哺乳の反射などがおこらないデメリットを考えて、こちらの作戦は緊急時のみとしました

やり方
・胃チューブでミルクを強制的にあげる

残念ながら、今回の子牛さんはどうしても乳首から吸うというのを頑なに嫌がっており、
目隠ししても、乳首を使って哺乳瓶であげることが難しいという結果になりました。
どうにか、ドレッシングボトルであげられそうなので、
農家さんのお母さまと息子さんで朝・夕、分担して頑張ることになりました。
それと同時並行で、配合飼料の量を少しづつ増やしていただき、栄養をこちらからもとれるようにしてもらうことになりました。
根気強く、牛のことをいつも一生懸命考えているお二人なので乗り切れると思います。
幸い、ここまで順調に育ってきた子牛さんなので体がしっかりしています。
無事、離乳できるまで、私たちもできるサポートはしながら見守っていきたいと思っています。

今回のことで、記事にもあった通り、和牛の子牛さんはとても頑固で、3か月からの人工哺乳はとても難しいことがわかりました。
しかし、母牛さんが突然亡くなってしまったり、様々な理由でどうしても人工哺乳が必要な場合があります。
今回の経験を今後に活かしていきたいと思いました。

牛の蹄病治療

牛は偶蹄目(ぐうていもく)といって、指2本で立っている動物です。…と思ったら、偶蹄目は廃止されたみたいですね。現在では鯨偶蹄目(くじらぐうていもく)と言うみたいです。牛、クジラ、ラクダ、ヤギ、などは、哺乳類の中でどうも近縁という事らしいですね。

牛のツメを蹄(てい)と言います。蹄に何か障害があるのを蹄病(ていびょう)と言います。

牛舎の床はコンクリートでできている事が多いのでうまくツメが削れなかったり、長時間立っている事で血行が悪くなったりしてツメ(蹄)が痛くなる事があるんです。

今日は右後ろ脚が痛い牛の治療をします。

これが右後ろ脚。歩き方から予想していた通り、その外側(写真右側)の指が痛いようで、大きなっています。ヒトの指と違って、地面につく部分まで硬いツメで覆われています。

牛の右後ろ脚

横からみるとこうなってます。

牛の右後ろ脚を横から

後ろからみるとこう。ちょっとわかりにくいですが、外側の蹄と内側の蹄の高さが違っています。

牛も痛いところで立ちたくないので、内側ばかり使って立ちます。内側の蹄が削れていくと、痛い外側の蹄はどんどん大きくなって、バランスが崩れてくるんですね。

牛の右後ろ脚を後ろから

痛いところを鎌で切ってみると、

牛の足の痛いところを鎌で切る

ツメの接地部分に亀裂が入っているのがわかります。

牛のツメの接地部分亀裂

もう少し削ると、痛い部分がでてきました。蹄の後ろ(かかと)の方が痛いんですね。

痛いところで立たないように、先の方は平らに削って立ちやすくします。

牛の蹄

内側の蹄はあまり削らず、高さを揃えます。

牛の蹄

それから、外側の蹄のつま先で立てるように、痛いところをたくさん削って低く(小さく)します。立っている時に痛いところが地面につかないようにするんです。

立った時触らないような形にしてあげると、痛みが減るので歩きやすくなります。

牛の蹄の調整完了

 

 

 

 

 

 

 

これで終わり。立たせて牛舎に戻してみましょう。

あー。歩き方がだいぶ良くはなったけど、やっぱりまだまだ痛いみたい。もっと痛いところをたくさん削ればよかったかな…。

まー、ひとまずこれで回復を待ちましょう。

ウシ後ろ姿

お疲れ様でした。

3-3=12? 牛の分娩予定日 算出方法

たまには牛さんのこと。

突然ですが・・・計算問題です。

3-3=?

私が大きな声で0といったら、
農家さんも院長先生も・・・みんなあきれ顔。
ほんとうなら答えはあっているのに!!
なんでー。

牛の農場では

3-3=12
2-3=11
1-3=10

になります。

いったいこれは何の式?

これは牛の分娩予定日の算出方法なのでした。

 

牛の分娩予定日 算出方法

牛の妊娠期間は285日。
えーっと。
今日種付けした牛はいつ生まれるかというと・・・。
普通に考えると頭がこんがらがるので
簡単に出産予定日を算出できる式があります。

牛の分娩予定の算出方法は・・・

種付けの月から3を引いて、日にちに10を足す

です。

だから先ほどの式をよく見ると・・・

3月の3か月前=12月
2月の3か月前=11月
1月の3か月前=10月

なのでした。

たとえば・・・
10月20日に種付けなら?

→10月から3を引いて7月、20日に10足して30日。

答えは7月30日に出産予定になります。

わーい、簡単にできた!

これならすぐに種付け日から出産予定がわかりますね。

それでは早速練習してみましょう~。

 

*練習問題

4月5日種付けなら?

→4月から3を引いて1月、5日に10を足して15日。

答え 1月15日に出産予定

 

*応用問題

2月3日種付けなら?

→2月から3を引いて-1月は11月、3日に10を足して13日。

答え 11月13日に出産予定

 

*さらに応用問題

1月25日種付けなら?

→1月から3を引いて-2月は10月、25日に10を足して35日・・・35日は次の月に繰り上がって4日になります。

答え 11月4日に出産予定

できましたかー?

 

ヤギの分娩予定日 算出方法

そして、最後はやっぱり山羊さんのこと!
山羊さんはというと・・・
妊娠期間が150日(5か月)なので、
種付けした月に5を足すだけで大丈夫です。なんてシンプル!

わたしはやっぱり山羊が好きー。子ヤギ

第三眼瞼切除

牛には、前から後ろに向けて閉じるまぶたがあります。

上下のまぶたの他にもうひとつあるので、これを第三眼瞼(だいさんがんけん)といいます。

ココがたまに腫れて赤く飛び出る事があります。

腫れるとバイキンがつきやすくなるので、結膜炎の原因になったり、恐らく痛いんでしょう、涙が止まらなくなったりします。

第三眼瞼の腫れ

で、目薬で治療してたんですけどなかなか治らないので切除する事にしました。

切除するとこうなります。

第三眼瞼の切除後まぶた

この第三眼瞼には、涙を出す穴があいてて、涙の生産もしています。

そのため切除後に涙が足りなくなって、目が乾くと乾性角膜炎の原因になるらしいです。経験はありませんが。

ですからなるべくその部分は避けて、かつ飛び出して問題を起こさないように切ります。

第三眼瞼手術後のウシの目

はい。飛び出してませんね。あとは涙とか、目ヤニとか観察しましょう。

良かった良かった。

眼瞼損傷

何かに引っ掛けて、まぶたが切れちゃいました。

眼瞼損傷

という訳で、縫いました。

眼瞼損傷の縫合

吸収糸という溶ける糸を使って、
埋没縫合という、外に糸が出ないような縫い方をしてます。

瞬きもうまく出来てるみたいです。

写真で白目になってるのは、麻酔で寝てるからですのでびっくりしないでくださいね。

良かった良かった。