全国山羊サミットin山梨に参加しました。山羊の病気・人工授精・削蹄講習会を発表

11月23日と24日に山梨県で開催された第21回全国山羊サミットに参加しました!!

今回、この1年ブログでまとめていた山羊の病気と人工授精について、
また近々、開催予定の山羊の削蹄講習会の資料を発表させていただきました。
発表に至った経緯には2つの想いがありました。

1つめは山羊の飼い主のみなさまに日常に起こる病気の診療についてお伝えしたいという想いです。

2つめは全国的にも山羊の診療をしてくれる病院や獣医師が少ないということから、
症例や治療を発表することで、病気の山羊さんの治療を受け入れてくれる獣医師や病院が増え
山羊の飼い主のみなさまの安心に繋がればという想いです。

会場の一画にブースを作らせていただいて、ポスター発表のほかに、
「山羊の健康相談」と「山羊の削蹄相談」を設けました。

全国の山羊の研究の先生方、山羊の飼い主様とお会いすることができ
私たちもたくさん学ばせていただきました。
これからの診療、研究につなげていきたいと思っています。
この場をお借りして御礼を申し上げます。
ありがとうございました!!

5 thoughts on “全国山羊サミットin山梨に参加しました。山羊の病気・人工授精・削蹄講習会を発表

  1. 大谷 崇

    山羊サミットにも参加した栃木県の大谷と申します。
    ご挨拶できずに申し訳ありません。

    当方、アジア・アフリカの農村で働く農村指導者を学生として招いてトレーニングを実施する学校ですが、
    山羊を現在10頭飼育しており、搾乳5頭のほか、4頭の肥育を自給飼料で行い、乳肉は自家用で消費しています。

    「山羊 妊娠鑑定」で画像検索していたところ、貴院のブログを発見しました。
    現在、富士平の超音波画像診断装置HS-101V豚用を所持しており、妊娠鑑定を行うことを検討しています。
    ブログを拝見すると牛用プロープを使用しているように見受けられますが、
    牛用を用いる方が早期(妊娠40日目?)にクリアに鑑定できるのでしょうか。
    豚用だと妊娠後期で、何とか判別できるような状態ですので、
    もし牛用の方がアドバンテージが大きいなら変更も検討したいと思っています。
    手技等でアドバイスもありましたら、合わせてお願いいたします。

    Reply
    1. Anne Post author

      大谷 崇 さま

      ご質問ありがとうございます。

      40日前後の早期妊娠鑑定はどのプローブでも可能と考えています。
      超音波のプローブ形態により、超音波の出る方向や範囲が異なりますので、適した方法をとる必要があります。

      私たちは牛用を使用し直腸から鑑定しています。豚用プローブは乳房の横からアプローチする事により、40日での妊娠鑑定が可能です。

      手技については少し長くなりますので、大谷様のホームページにあるご連絡先にメールさせて頂きます。

      大谷様の学校は、素晴らしい事業をされていますね。とても興味を持ちました。

      今後ともどうぞよろしくお願いします。

      Reply
  2. 加藤 真紀

    こんにちは。山羊サミットの際にご挨拶させて頂きました千葉県の加藤と申します。
    以前は産業動物診療をやっておりましたが、現在地方自治体に勤務しております。
    今後もいろいろ情報交換をさせて頂ければと思い、書き込みました。
    山羊サミット直後に・・と思っていたのですが年を越してしまいました(^ ^;)
    今後ともどうぞよろしくお願い致します。

    Reply
    1. Uchida

      コメントありがとうございます!
      先日はありがとうございました。
      私もお会いできて嬉しかったです(^^)。

      同じ職種ですので、ご協力出来ることがあれば嬉しいです。また先生のご意見をお伺いするだけでも有意義かと思います。
      こちらこそどうぞよろしくお願いします。

      何かありましたらいつでもお声掛けくださいね。

      Reply
    2. Anne Post author

      加藤さま

      コメントありがとうございます。
      山羊サミットでは、私たちのブースにお立ち寄りいただきありがとうございました。大動物や小動物、そして公務員の獣医師…いろいろな獣医師の力が山羊にとって必要だと感じています。山羊に興味を持っていただいた先生とお話しできることは私自身とても勉強になり嬉しく思います。
      今後ともよろしくお願いいたします!

      Reply

コメントはこちらから。お気軽にどうぞ。

Your email address will not be published. Required fields are marked *