山羊の削蹄① 山羊の蹄の構造について

*山羊の削蹄① 山羊の蹄の構造について

山羊の削蹄について数回にわけてお話ししたいと思います。

今回は山羊の蹄の構造についてです。

山羊の蹄の構造は外側が硬く伸びが早く、内側が柔らかいお椀型の蹄になっており、
木や岩に登ることも得意です。


木に登っている山羊さんや、崖の上に登っている山羊さんの写真をみたことは
ありませんか?

そして、山羊の蹄は、1ヶ月で約2mm伸びます。
そのため、雌は1~2ヶ月に1回、雄は1ヶ月に1回の頻度で削蹄をおすすめします。
これはあくまで目安です。生活環境によって、蹄の伸びる速さは異なりますので
蹄を確認してから削蹄を行ってくださいね。

次回は蹄の解剖についてお話しします。

This entry was posted in ヤギの診療記録と飼育方法 on by .

沖縄で産業動物を学び、獣医キャリアを考えてみませんか

往診に同行し、産業動物獣医療の現場を体験できる 「体験型研修」の参加者を募集しています。
臨床現場を体験し、実践スキルを学んでいただくと同時に、獣医師キャリアを考える機会をご提供できればと考え企画いたしました。


  • ・産業動物医の方
  • ・他分野での獣医を行っている方
  • ・獣医職にブランクのある方
  • ・独立・開業に興味のある方
どなたでもご参加をいただけます。 詳細は下記リンク先の「体験型研修 特設ページ」をご覧ください。

院長獣医師による「体験型研修」丨沖縄の地で、あなたのキャリアをゆっくり考えてみませんか

コメントはこちらから。お気軽にどうぞ。

Your email address will not be published. Required fields are marked *