研修レポート④ シバ山羊ジーンバン

今回の研修レポートは、「シバ山羊ジーンバンクについて」です。

家畜改良センター茨城牧場長野支場では動物遺伝資源ジーンバンクのサブバンクとして、
シバ山羊を飼育していました。

*ジーンバンクとは
動植物の新しい品種や新しい食料の開発を行う場合、その基礎となる生物が必要となります。
そこで、その基礎資源である生物遺伝資源の収集、特性調査、保存、配布等を実施する業務の総称をジーンバンクといいます。

*シバ山羊の特徴

・長崎県西海岸および五島列島原産の日本在来種
・被毛は白色がほとんど
・雄も雌も有角
・体重は30~40kgとザーネンと比べると小型
・周年繁殖
・腰麻痺抵抗性
・性格は神経質

*感想
シバ山羊さんは小柄でとても可愛いかったです。
メルヘンに出てくる動物のようでした。
これまでは、実験動物として貢献し、小柄なため伴侶動物としても現在は活躍しているそうです。
ただ、もともとの性格が神経質というもあり、ザーネンに比べるとクールな性格に私は感じました。

(写真 家畜改良センター茨城牧場長野支場にて撮影)

研修レポート③ 山羊の気持ち

今回の研修レポートは、「子山羊の低体温」について長野支場で感じて考えてみたことです。

生まれて3日の子山羊さん
広い山羊舎にひとりぼっち。

ここでは、生まれた日齢が近いグループで山羊舎のお部屋にいます。
たまたまこの子山羊さんは出産のピークの終わりに生まれたので、
近い出生の子山羊がいませんでした。
そのため、はじめの3日間、初乳の給与が終わるまで広いお部屋にひとりぼっちでした。
でも元気いっぱい。

「気温-5℃のなか、広いお部屋に保温ランプ一つで寒くないの?
低体温にならないの?」

頭に「なぜ・どうしての」大きな?マークが生まれました。

私の住む島では、寒い冬でも気温が16℃位までしか下がりません。
しかし、子山羊の「低体温と低血糖」の症例にこの冬、何度も出会いました。

1日目の研修の報告時に院長先生にこの疑問を尋ねると
ヒントを一つくれました。

「そこに行ってヤギになってみるといいと思うよ」

そこで研修2日目に・・・

山羊の気持ちになってみる。

なるほど、なるほど・・・

空気は冷たいけど風は感じないな。
冬の島は北風がビュービュー吹いている。
風にあたるって寒いんだな。
体温が奪われる感じがするんだ。
下に敷いてある草があったかい。
この草が乾いているからいいんだな。
濡れていたら気持ち悪いよね。
もしコンクリートそのままだったら冷たそう。
ランプは小さいけど思ったよりあったかい。
ランプの下で丸くなったらなんだか眠くなってきたぞ。

しばらく子山羊さんと一緒に感じてみる。
そして、
感じたことがどんどん広がる。

ミルクの時間。

初乳をしっかり3日間1日3回飲んでいる。
これも免疫力をしっかりつけて元気でいる秘訣かな。

このミルクを出している母山羊はどんな状態だろう?
分娩前の山羊たちも搾乳している山羊たちも
みんな体がしっかりしている。
お話を聞くと、分娩前から飼料を増やしたり運動をさせているとのこと。

島に帰って、子山羊の低体温を解決するヒントがたくさん私の中に生まれました。

・・・・・
そして、

子山羊さんの部屋をそっと出る

ありがとうを言おうとふりかえる

「もう行くの?」と子山羊さん。

ああ、そうか
ごめんね
最後にひとつ
あなたのきもちをわすれてた
わたしのきもちもわすれてた

ひとりでも
だいじょうぶ
ひとりでも
いきられる

でもやっぱり
寄り添いたい
くっつきたい

自分以外に
もとめるあたたかさ

こんなあなたの気持ちをわすれてた
そんなわたしの気持ちも気づかせた

・・・・・

最後の初乳を飲み終えて
子山羊さんは
おとなりのお部屋に移動した
すぐにみんなとくっついて
すやすやと眠ってた

(写真は全て家畜改良センター茨城牧場長野支場にて撮影)

研修レポート② 山羊のお灸

今回のレポートは山羊さんのお灸の話です。
お灸は牛や山羊など動物たちにも治療の一環として行われています。
繁殖治療(不妊、ホルモンバランスの調整)や消化器の病気などの時に
効果があることが知られています。
長野支場では、主に繁殖治療のひとつとしてお灸をすることが多いとのことでした。

実習のときに、産後10日で陰部から出血がみられるお母さん山羊がいました。
食欲、元気もありお熱はありません。分娩後胎盤(後産)の排出も確認できているそうです。
しかし、まだ産後10日と日が浅く、後産が完全に排出されていない可能性や
子宮がまだ完全に回復していないことが考えられました。
そこで治療の一つとしてお灸を行うことになりました。

*お灸をする場所 (全部で7か所)

①最後肋骨をたどった背骨の付け根
②左右の腰角の間
③腰角と②の間 2か所
④しっぽの付け根
⑤等間隔で②と④の間に2か所

*方法

①山羊を柵などに沿わせてつなぐ
②お灸をするところに’味噌’をおく
(味噌の厚さがうすいとやけどの原因になるので注意)
③親指くらいのもぐさを置いて火をつける
(火の管理に注意!必ずそばにいること)
④もぐさが燃え尽きてもまだ中は温かくて効果があるのでしばらく待つ
⑤味噌と燃えたもぐさを取る

*感想
お灸の間、山羊さんはおとなしくしていました。ぽかぽか温かくて気持ちが良いのかな・・・

お灸中の山羊さん。

どんな気持ちですかー?


私自身もお灸を自分にしてみたいなと思いながら山羊さんを見ていました。
そして・・・
今後、治療では人工授精のときのホルモンバランスの調整や繁殖治療で
お灸を取り入れていきたいと思いました!!

(写真はすべて家畜改良センター茨城牧場長野支場にて撮影)

研修レポート① 子山羊の人工哺乳

今回は子山羊の人工哺乳についてレポートします。

おかえりー!!と牧場のみなさんに迎えていただき、またここに戻ってこれたうれしさで胸がいっぱいになりました。

はじめて私が「家畜改良センター茨城牧場長野支場」(以下長野支場)に伺ったのは
去年の11月でした。飼養管理や削蹄、人工授精を学ぶために個別研修で伺いました。
そのとき学んだことは今の診療のベースになっています。

そして、今回の私の目的は子山羊の飼養管理について学ぶことでした。
1月に生まれた子山羊たちとの悲しいお別れがあり、
何か改善できることがあるのかもしれないと思ったのがきっかけでした。
人工哺乳の仕方や環境、母山羊たちの状態などなど、今後のヒントになることを
見つけて帰りたい!!と意気込んで長野に戻ってきたのでした。

早速、子山羊さんたちのもとへ向かうと・・・
みるくちょうだいー!!

お腹を空かせた子山羊さんたちがたくさん待っていました。

今年は、私が実習に伺った時点で64頭の子山羊が元気に生まれていました。
今年の長野牧場の出産のピークは3月のはじめから中旬で、例年に比べて、
双子や3つ子が多く、また難産や助産は少なかったそうです。

出産や生まれた子山羊さんたちについては管理表があり、一目でわかるようになっていました。
飼育している山羊の数が多い場合このような管理表は便利で大切になってくると思います。

ここでは、生まれてすぐ子山羊を母山羊から離して人工哺乳にしています。

ミルクのあげ方は、ほ乳瓶ではなくカップを使っていました。
子山羊の数が多いので10頭一緒に飲ませられるようになっていました。

カップで飲ませるコツは・・・
「生まれてからすぐ子山羊がお母さん山羊の乳首を吸う前に、お母さん山羊から離すこと」

こうすると、子山羊たちはすぐにカップからミルクを飲みはじめるそうです。
(すでにお母さんのおっぱいを飲みはじめた場合、カップでは自分からは飲まないので
飲み方を教えてあげる必要があります。)

ミルクは生後3日目までは初乳を1日3回。
この初乳はすでにお母さん山羊たちから搾乳して凍らせてあるのを解凍してあげていました。

3日目以降は、搾乳したミルクを40度に温めて1日2回。

搾乳のミルクの量が足りないときは粉末の山羊ミルクを追加していました。

子山羊さんたちは生まれた日齢ごとにグループ分けされていて、ミルクの量も管理されています。
また、ミルクを飲んでいるときは、健康チェックの時間でもあります。
飲む量や、お尻のまわりをみて下痢をしていないかなどを確認しました。

ミルクを飲んだ後は外の運動場へ。
人工哺乳で育てるととっても人に慣れるので・・・

こんな風に私が走るとみんなついてくるのでした!!

子山羊たちは昼間の間はここで遊んだり、くっついてお昼寝をしていました。

*感想
・ミルクの温度はとても重要。
(ミルクの温度が下がると飲まない子山羊さんがいました。温め直してあげるとしっかり飲みました)

・子山羊の数が多い場合、ほ乳瓶の人工哺乳よりもカップの哺乳の方が簡単にできる。

・人工哺乳は健康状態がよくわかる。
(ミルクを飲む量が把握でき、飲んでいる時にその子の様子を観察できる)

・人工哺乳をするとよく人に慣れる。
(その後の管理や病気になったときの治療がしやすい)

長野支場では子山羊の数が多いにも関わらず、下痢や肺炎など体調を崩している子山羊が少なかったことに私はとても驚きました。今回の実習で学んだ子山羊の人工哺乳や初乳の給与、飼養管理を今後、島に帰って活かしていきたいと思います。

<写真と映像は全て「家畜改良センター茨城牧場長野支場にて撮影>

仕事が苦しいひとへ

仕事にいつでも行けるのは、
心を凍らすのに慣れた人。

仕事、やりたくないなー
となったとき。

心凍らせて、そんな気持ちは無視する習慣。
大人になるほど、そうなってくる。

するとね、ほかの誰かが心折れて、休んだり辞めたりした時に、
無視された心が怒りとなって溢れてくる。

そんな事も出来ないなんて。
なんてわがままなんだ。
人としてどうなんだ!
社会人として!
みんな頑張ってるのに!

…。

心の一部だけを凍らす事は、多分けっこう難しい。
苦しみに蓋をすると、喜びや感動も一緒に出てこなくなる。
それはさびしい。

僕は、どっちも大切にして欲しい。
どっちもわかる。いい歳なんで。

こんな時、どうしたらいい?
と悩んで考えてみた。

その人に、自分の心に正直になってほしい。
それは、僕と同じになって欲しい、僕の生き方を肯定してほしい事の裏返し。

みんなの為に、少しだけ我慢してくれてもいいんじゃない?
これは、自分の為に、都合よく動いてもらいたい。という事。

なーんだ。どちらも利己的な話じゃないか。

じゃあどうする?

ここで、
「自分のわがままは、そのまま相手の利己的な行動を肯定する事になる。」と気づいた。
と同時に
「利他を強要する事は利己的であり、利他を強要された人たちの怒り」なんだ。

だから、利他の強要に怯えて、利己を抑える事はない。
みんなの為、という美徳に歪められてはいけない。美徳で縛り合う連鎖から、逃れなければいけない。

これを一気に逆回転させてみよう。

まず最大限利己的に動く。
そして利他を強要された人たちの、利己的行動を肯定してやる。
そうすればきっと、自らの利己的な気持ちを肯定された人たちだけは、こちらを肯定してくれる。
その時もし目的が同じ方向だったら。
いずれお互いに同化し、結果としての協力が生まれる。

という流れを作ろう。目的が同じ方向である事を信じて動くしかないよね。

だから、
最大限利己的に動く事。
もちろん他者の利を妨害する事は除く。
利己を意識した人助けは全く問題ないが、利他を意識した人助けは控えるか、禁止でもいい。

利己的でいいんだから、悩むことはない。
利己的なんだから、他者が同意しなくても当たり前。
そしたらひとに期待する事がなくなるはず。
期待しなければ、怒りもなくなる。

妨害されたら戦うか、それも面倒なら離れる。

そう。
社会的な判断じゃなく、自分の判断で動くこと。
つまり助けたいなら助ける。助けたくないなら助けない。
それが、みんなの為であり、自分の為になる。

だからね。。。。

仕事選ぶときも、仕事で悩んだ時も。
仕事じゃなくても、毎日なにかを決めるとき。

自分の行動を、自分基準で決めてみてください。
自分は今、自分の判断でこれをやる。なぜなら、

私は、
技術を得て独立したいから。
お金を稼ぎたいから。
海外旅行に行きたいから。
大切な人を守りたいから。
治ったら嬉しいから。
喜ばれると嬉しいから。
褒められると嬉しいから。
ここに居たいから。
この場所が好きだから。
キレイなものがみたいから。
安全な場所に居たいから。
心穏やかに居たいから。
ひとに注目されたいから。
愛されたいから。
そうじゃないといけないんです。

必ず「私は」じゃないといけない。
「私だけは」と言い換えてもいい。

そうすると自然に相手の中にある「私は」にも気が付きます。
「あなたは〜するべき」から離れて、
あなたはどう感じる?
あなたは何を望む?
あなたはやりたい?やりたくない?
が見えてくるんだと思います。

そうやって、お互いの「私は」を見せ合って、違う方向なら、グッドラック!と言って別の道を歩きましょう。
ちょっと寂しいかもしれませんが、別に悲しい事ではありません。それはお互いを大切にする事です。

そうやって、お互いの「私は」を受け取って、もし同じ方向だったなら。。。
その時は、一緒に働きましょう。
喜んで協力できるはずです。
すごく力が合わさるはずです。
それが途中まででも、一緒に行ければいいんです。
きっといい仕事できるんじゃないかな。

明日から

あったかーい南の島から、まださむーい長野県へ。

明日から家畜改良センターで、

子山羊さんの育成管理の勉強を2日間します。

到着してひとまず、ふれあい牧場の山羊さんたちにご挨拶。

お久しぶりー。

私にはホテルから歩くこの改良センターまでの道のりが夢のよう。

図書館→美術館→ヒマラヤ杉の並木道→山羊牧場

あー。好きなものばかり。

改良センターの建物も昔の木造のものが残っていて素敵なのです。

そして、なにより実習のお楽しみは現場でお仕事してるスタッフのみなさんにお会いすること。今回の実習は2回目で、初めて伺ったとき、本当に皆さんの温かさに心がいっぱいになり実習を終えたのでした。

山羊さんが繋いでくれたご縁に感謝して、明日から勉強頑張ります。

島で待ってる山羊さんたちの健康に少しでも繋がりますように。

夢を叶えないこと

僕ね。獣医やってるんですけど、イベント屋になりたいんです。

僕は高校生くらいの歳の子が好きなんです。
まー先入観も大いにあるんですが、
そのくらいの歳って、自分の気持ちがわからなくて、人目が気になってしまって、自分てなんだろうとか考えてて。
突き動かされるように、楽しい!とか嬉しい!とか情熱的で。でもその分、それが失われるのが怖くて無気力になったりして。
悲しいとか寂しいとかもくっきり感じている時もあって。

なんかそういう風に気持ちが揺れるのって、正直でいいですよね。そして不安定なものが、突如興奮して一気に前進する時。見てる方も興奮して、本当に嬉しいし、感動します。

だから、高校生バンドをみんなで盛り上げよう!みたいなイベントやりたいんです。

学園祭とかの感覚で、運営も出演も高校生主体でやって。

でね、そのイベントを盛り上げる為にみんなで一生懸命やったら、きっと信頼できる友達が出来たり、恋が生まれたりすると思うんです。

一生懸命やった思い出って、きっと一生忘れない宝物になると思うんです。

だから、それが出来る時間とお金に余裕が出来たら、きっとそれをやりたい!

と。ずっと思ってるし、たまにはひとに話したりしています。

で。。。
話してる時、すごく楽しいんです。バカな話ですが、本当にそんな風になったらと思うだけで感動して涙が出そうになるんです。

世間一般で言う、夢というもんなんですかね。

でね、多分少しずつ、そこに近づいてはいます。
いい歳になってきて、まあ生活は出来てて、いろいろ予測も立つようになってきました。

そうなると、
「そんなにやりたければやればいいじゃん」と言う自分がいます。そう言ってくれる人もいます。

じゃあ僕は、なんでやってないんですかね。

もしかしたら、やりたいことって、
「やりたいままで居たい事」なのかな。

夢はただ話してるだけで、けっこう楽しいです。こうなって、ああなって、あーもう楽しい。

でもね。
もしこれを本気で実現しようとしたら、うまくいかない事も想定して動かないといけません。

まず誰も、共感してくれないかもしれません。僕がひとりで興奮して「えーそんなの面倒」とか言われたら、傷つきます。誰も出たがらなかったら、それこそひとりぼっちです。仮に何名か集まってくれたとして、会議の出席率が悪くて、必要な仕事が割り振れなかったら?結局ひとりでやるんでしょうか?なんとか開催までこぎつけたとして、バンド自体が下手くそ過ぎて、シーンとしてしまったら?そもそもお客さんが誰も来なかったら?そして今まで一緒にやってくれた子たちがガッカリして「やらなきゃ良かった」なんて捨てゼリフを吐いて帰ってしまったら?

…怖い…怖すぎるでしょ…それ。

今まで僕は、誰かが「やりたい」と言う言葉を聞いたら、やる方法を一生懸命考えていました。
なんでやらないんだろう。今すぐ出来るのに。と思ってました。

でも夢って、成功するところまでが夢なんで、成功しない夢は悪夢だもんね。
これから夢見るとき、全部悪夢になっちゃうかもしれないもんね。

ブルブル。
それなら「やりたいまま」で、いいんじゃない?
そういうのを夢というのかな。

夢に向かって頑張る!のも素敵だけど、
夢を持ったまま、今の自分、目の前の課題を頑張る。
それでも、きっと自分を成長させる力にはなってくれていると思います。
それでなんとか成長していくのも、悪くないと思います。そんな風に頑張ってる人だって十分素敵です。

僕も、まー自然に叶う時が来ればいいな。

というわけで、
無理して叶えようとしなくてもいいんじゃない?夢が実現出来ない自分なんてダメだ!とか思わないで。

もちろん応援しますよ。心から。
きっと時が来たら、叶えられますよ。
そしたら祝杯あげましょう。

その時が来るまで楽しく夢を語りながら、目の前の事も頑張ってたら、けっこう清々しいもんですよ。
そんなあなたも、なかなか素敵ですよ。

という話でした。

居たい場所をつくる

毎日仕事してれば、苦しい事もあります。
その時不満や愚痴を言うと、聞いてもらえるだけでスッキリします。もし慰めの言葉をもらえたら嬉しいです。
でもね、聞かされた相手はいくらか消耗するんです。

楽しい気分の人と一緒にいると、人は楽しくなります。そういう人は楽しい気分を周りに与えているんです。
きっとそのうち周りが幸せな人ばかりになります。

僕は楽しい気分を与える人になりたいんです。
その方が間違いなく楽しいと思うからです。

…ちょっとかっこつけた感じになりましたね。本当は周りの人に、僕をしあわせにしてもらいたいだけなんです。

だからね。
苦しい時でも最初だけは、ちょっと無理して愚痴を我慢します。まるで楽しい人かのように振る舞います。
でも頑張り続けるのは辛いので、10個楽しく過ごしたら、1個だけ愚痴を漏らしていい事にします。

そうすると多分。
そのうち周りが楽しい人ばかりになるはずです。
さらにその人逹に影響されて、自分が楽しい気分にしてもらえます。
そしたらそのうち、もっと楽しい人が増えるはずです。

僕はそういう中に居たいので、
そういう会社にしたいんです。

苦しい事があるのは、承知です。
さて、楽しく診療行きますか。
(=゚ω゚)ノ

山羊の人工授精チャレンジ お腹の赤ちゃんの成長過程

山羊の人工授精チャレンジ お腹の赤ちゃんの成長過程

山羊さんが妊娠した後、お腹の赤ちゃんの発育はどのように進むのでしょう?
妊娠してからの日にちと赤ちゃんの大きさです。

妊娠日齢   大きさ

12日     0.2cm

18日     0.6cm

25日     1.0cm

35日     2.0cm

42日     3.0cm *超音波での妊娠鑑定の時期

56日     5.0cm

63日     9.0cm

84日     16.0cm  *ここから急速に成長 お母さんの栄養不足に注意!!

140日    50.0cm

そして150日で・・・・

出産。
赤ちゃんがちょうど出てきたところです。
お顔とあしが見えるかな?

このように、妊娠鑑定の時期の赤ちゃんの大きさはまだ3cm。

それでも超音波で見ると小さな心臓が動いているのが見えます。

そして、お腹の赤ちゃんは3ヶ月目に入る頃から急速に大きくなります。

そのため、お母さん山羊の栄養をこの頃から補充する必要があります。

目安として、いつもより約20%多めに、ごはんをあげましょう。

飼い主さんの言葉

農家さん(飼い主さん)とお話しする時、こんなことを言われます。

「先生!子牛が大分具合悪いみたいなんです。」

言葉の意味は、そのまま子牛が具合悪い。ということですね。
しかし、本人が本当にそう思っているかどうかとは一致しません。

農家さんが言う、どれくらい悪いかという言葉は、
「どれくらい不安か」という意味で、
「とにかく早く来て欲しい」という意図です。
言葉には、そのままの意味だけでなく、別の意味と意図があるんです。

別の例を出してみましょう。
電話で獣医さんが、
「昨日治療した子牛の様子はどうですか?良くなりましたか?」と聞いてみます。

すると、
「ああ。昨日よりはいいみたい。」と言われたとします。
この言葉、病気の状態とはあまり関係ないんです。

「継続して治療して欲しい」と言う意図と、
「あんまり良くなってないけど先生がっかりしないでね」という意図があります。

もしその時、
「良くなった!もう大丈夫!」と言われたなら、本当に良くなった場合は、そのままの意味です。
しかし、もうあなたにはきて欲しくない。という意図で言われている時もあるでしょう。
時に意図は、言葉の意味も変えてしまうんです。

誰でも、どんな言葉でも。
それを発する人の意図は、同時に存在しています。
そしてほとんどの場合、言葉の意味よりずっと重要です。

あ、そうそう。
動物には言語がないので、意図もありません。

ヤギは発情すると、しっぽフリフリ。スリスリ。
ウシは発情すると、「ウオー」と鳴いて誰彼構わず乗りかかろうとします。

ヒトの場合は。。。
「今晩お食事でもどうですか?」

って言います。難しいですよね。